SEOに強い記事を書く具体的な方法

アフィリエイトをやっている方なら誰でも意識するのが,SEO対策です。せっかく時間をかけて記事を書き,自分の言いたいことや伝えたいことを盛り込んだ記事が書けたとしても,誰も読まなければただの自己満足。多くの人に読んでもらって,ためになったと実感してもらって,そしてできればそこから収益が得られれば,それに越したことはありません。そして,多くの人に読んでもらうには,検索サイトで検索時に上位に表示されるということがとても大切です。わかりやすい記事,読みやすい記事,ためになって共感を得やすい記事というイメージは何となく持っていても,具体的に何をどうしたらいいのか,自分の感覚に頼るだけでは厳しいものがります。では,具体的にどこに注意するところからスタートすると良いのか,基本を確認します。 まず1つ目に,記事のメインタイトルやサブタイトルにキーワードを含ませるということです。検索エンジンではもちろん,人が記事を読んで上位記事を決めているわけではなく,機械が判断しているわけです。検索エンジンでは,例えば誰かが「アフィリエイト」と検索した時に,なるべくその人が得たいアフェリエイトについての情報が載っているサイトを上位に表示されるように判断します。ですから,記事を書く側としては,メインのタイトルやサブタイトルに「アフェリエイト」というキーワードを含ませることが大事になるわけです。もちろん,1つのワードではなく,「アフェリエイト SEO対策」などと複数ワードで検索する人もいるでしょう。検索ワードを意識してタイトルに含ませること,しかもなるべくそのタイトル文の前の方に含ませることをまずは行いましょう。 2つ目に,読みやすくわかりやすい文章を書くことです。わかりやすい文章とは何か,具体的には,最初に結論を書く,専門用語をなるべく使わない,一つの文章を短めにする,それ・あれなどの指示語をなるべく使わないことです。だらだらした文章は読んでいる途中でサイトを閉じたくなりますし,わからない用語がたくさん出てくるといちいち調べるのは面倒ですよね。専門用語をどうしても使わないといけないときは,注を付けておくとよいです。書き慣れるまでは特に意識して書くこと,そして少し時間をおいて自分で校閲してから記事をアップしましょう。 3つ目に,装飾を加えて視覚的にわかりやすくすることです。色の使い方,装飾の仕方は,サイトの第一印象にもつながります。特に大事なワードは強調文字にしたり,下線を引いたり,写真や表を効果的に使うことは記事の読みやすさにつながります。記事を会話風に書いたり,漫画で描いたりすることも効果があります。 以上,SEOに強い記事を書くための具体的な方法をまとめました。アフェリエイトでは,地道な努力が確実に読者を増やし,それが収益に直結します。最初は苦労しても,SEOに強い記事を書くこと常に意識すれば,必ず慣れて記事を書くこと自体を楽しめるようになってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です