猿でもわかる仮想通貨マイニング

仮想通貨ビットコインの価格が上下に激しく動いて仮想通貨業界をにぎわせていますが、ビットコインはマイニング(採掘)をした分に応じて配分される仕組みです。今も昔も気商品として好まれる金やプラチナと同じ性格をもっているのがビットコインです。ビットコインの特徴として一定期間すべての取引を台帳に記載します。その処理にはネットワーク上に分散されている取引台帳のでーたーと追記するデータの整合性を正確に測らなければなりません。そのため、ビットコインの正当性を保つために、世界中のコンピューターの余った力を借りて全ての取引の整合性を合わせる計算を行っています。つまり共有されたデータがビットコインなのです。マイニングはデータの追記作業に自分のパソコンのリソースを共有します。そうすることで、ビットコインが見返りとして支払われるのです。マイニングを行うとビットコイン全体が健全に運営されるようになっています。マイニングの方法はパソコンがあれば誰でもできますが、現在計算が難しくなっているためかなり大規模なマイニング専用のマシンが必要になります。また、マイニングに適しているパソコンにはセントラルプロセッシングユニット(CPU)以外にも拡張ボードに付属しているグラッフィックプロッセッシングニユット(GPU)を2つ以上装着していないとマイニングに参加しても少ししかビットコインの見返りをもらえません。さらに電気代の高い日本国内では24時間体制でマイニングをしても電気代やパーツ代などにお金がかかりマイニングをするメリットがあまりないと言われています。逆に中国などの比較的電力料金が安い国では盛んにマイニングはされており、工場の様なスペースにマイニング専用マシンを購入して24時間稼働させている猛者も少なくありません。マイニングを行うにはパソコンが必要です。しかし、パソコンは大量の熱を発します。そのため、気温が高い地域でのマイニングはパソコンの故障率を高めます。そこで、投資家はある国に目を付けます。それは氷に閉ざされた国アイスランドです。アイスランドは火山も多い島国ですが、氷河が沢山あることで知られています。氷河の直下にある洞窟でマイニングをすることで、効率よくビットコインを得ようとしているベンチャー企業も少なくありません。アイスランドだけでなく、スウェーデンやノルウェーでも同様の試みやされていてます。ビットコインだけでなく他の仮想通貨のマイニングをする業者も少なくありません。