趣味の写真を活かして稼ぐ副業

サラリーマンや家庭の主婦や定年退職者で、月に3万円前後を副業として稼ぎたい場合には、ネット副業で趣味を活かした副業がお勧めです。
サラリーマンなら本業を大切にするために、また家庭の主婦なら家事や子育てを大切に、定年退職者で年金プラスアルファーの収入を得たい場合には、リスクがなく時間的に拘束される事もなく、好きな事で稼げる副業がベストだと思います。
そんな中で、趣味が写真の方にお勧めな副業を紹介したいと思います。

写真が趣味なら、撮影した自信作をストックフォトサイトにアップして稼ぐのが定番の方法と言えます。
しかしストックフォトサイトにはプロやセミプロがひしめき合い、趣味で風景写真等を撮影してアップしても中々売れるものではありません。
これで月に3万円稼ぐ事は非常に難しいと言えます。これに集中して稼ごうと思うなら、商用を意識してモデルを使った作品を撮影してアップする事が必要で、趣味の延長線上で気楽に行える副業の域を超えてしまいます。
それでも、武者修行としてこのストックフォトサイトに写真をアップする事も行うと良いでしょう。

せっかく趣味で風景や神社仏閣や観光スポットを散策して写真撮影するなら、クラウドソーシングでこうしたスポットの紹介記事と写真をセットにして販売する方法がお勧めです。
クラウドソーシングには、クライアントがこうした記事をプロジェクト方式で求める事もあります。
また仕事の募集を待つだけでなく、クラウドソーシングにある自分が企画した仕事を販売するという方法がとれるサイトがあり、これを利用して自ら積極的に販売を試みるのです。
自分が撮影した観光スポットを1000~1500文字の記事と、何枚かの写真を添付する形で企画し、記事は1文字1円程度、写真1枚当たり100円としてセット価格を設定して売り出すのです。
この方式では、値段は自分で設定できるので、もし中々売れないなら、少し値段を下げたりして販売できないかと、こうした点でも楽しむ事が出来ます。

もちろん、プロジェクトや自らの企画販売で、常時稼げるわけではありませんので、その間はタスク作業でライティングの仕事をコツコツと行い稼ぐ事も行います。
これによって、ライティングスキルを磨くと共に、タスクを発注した人が良い記事だと気に入ってもらえれば、名指しでプロジェクトの仕事を依頼される事も少なくありません。
先に記載した、写真を添付した記事で差別化し、かつ高単価で販売する事を狙い、タスクの中でも観光スポット等に関するライティングは最優先で仕事をこなすと良いでしょう。

また観光スポットの写真だけを、テーマーを上手に設定して、10枚程度の写真をセットにして、企画販売するコーナーに出品するのも良いでしょう。

以上の様に、競争相手の多い、ストックフォトサイトだけでなく、クラウドソーシングを上手に活用し、こちらではライティングオンリーに写真を添える差別化で売り上げを伸ばすと言う方法です。
やはり写真が趣味の人は多いので、他社とは違った稼ぐ切り口を探す事が大切だと言えるのです。
こんなやり方で1年も経てば、コンスタントにつき3万円は稼げるはずです。